カム・アリ

MAP

カム・アリ.jpg

説明文

S1

大陸北東部の宗教都市
旧王国期に入植した一部の開拓民らが
豊穣を願って祭祀を行ったのを起源とする
土着の祭が定期的に行われている
科学会の祭祀には、この祭りからの強い影響が見られるため
東北部の民衆への浸透性も高かったと考えられる

基本データ

経済値(S1) 900
経済値(S2) 1100
城壁値 0
駐留限界 16
隣接地 アセヤ ホーリーアイリス ナマチカ

解説


元ネタ

亀有(葛飾区)


コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2015-02-13 02:22:13

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード