タルカン焔騎兵

概要

cgkiheit11.png cgkiheit21.png cgkiheit31.png
軽騎兵:重騎兵・砲兵に対し有利 重歩兵・軽歩兵に対し不利
配置:前衛
移動型:草原 維持費:20 ウェルテル ノックバック:無効

解説

南部平原で、先祖伝来の生活をする騎馬民族
五百年前にこの大陸に侵入し、同化しなかった異民族の末裔で
そういった騎馬民族を戦力化した彼らは戦闘力こそ低めだが
古典的な意味合いでの軽騎兵そのものである
持ち前の足の速さで敵の背後に回りこみ
爆発物を投げ込み敵施設を炎上させる、攪乱戦法を得意とする

性能

・基本ステータス
Lv クラス名 雇用費 HP MP 攻撃 防御 魔力 魔抗 早さ 技術 HP回復 MP回復 移動 召喚数/LV
1 タルカン焔騎兵 460 1700 80 65 60 50 60 115 100 15 0 210 1/30(%)
15 オプリーチニク焔騎兵 2520 4556 150 177 116 120 130 115 240 29 0 210 1/30(%)
30 ドンコサック焔騎兵 10800 7616 225 297 176 195 205 115 390 44 0 210 1/30(%)

個人スキル発動時


・成長
HP MP 攻撃 防御 魔力 魔抗 技術 HP回復 MP回復 exp_mul
12 6 12 6 10 7 10 5 5 124→134(Lv30~)

・耐性
砲撃に強い(+3)
射撃に弱い(-2) 対騎に弱い(-3)
炎に弱い(-3) 水に弱い(-3) 光に弱い(-3) 土に弱い(-3) 雷に弱い(-3)


・使用スキル
スキル名 使用可能Lv 攻撃力 発動 射程 消費MP 属性 備考
スカイバー突撃 1~14 攻撃×200%→攻撃×100%   接近時   騎馬突撃 (突撃攻撃)
「要助走」
「減速40%」
「幻覚:20%」
スカイバーチャージⅡ 15~29 攻撃×250%→攻撃×120%
スカイバーチャージⅢ 30~ 攻撃×300%→攻撃×140%
二丁リボルバー 1~ (攻撃+技術)×80% 220 50~220 100 対騎兵 「2連射」
「減速20%」
「麻痺:20%」
マリアージュランス 1~14 (攻撃+技術)×30% 700 200~630 40 攻城 「放射物軌道」
「減速10%」
双筒マリアージュランス 15~29 「放射物軌道」
「2連射」
「減速10%」
大型双筒マリアージュランス 30~ (攻撃+技術)×35%
騎乗装填 1~ 技術×400%   自分   リロード(MP回復) 再使用時間:3
「近接使用不可」
「連続使用不可」
「減速20%」
攻城用松明投擲 1~ (攻撃+技術)×100% 450 100~450   攻城 {必殺技(4回)}
「減速20%」
「範囲攻撃小」
「吹き飛ばし中」

・個人スキル
スキル名 使用可能Lv 上昇値
軽騎兵 1~14 技術・移動力 +10 素早さ・魔力 +5
軽騎兵Ⅱ 15~29 技術・移動力 +20 素早さ・魔力 +10
軽騎兵Ⅲ 30~ 技術・移動力 +30 素早さ・魔力 +15

運用

・雇用可能勢力

分かたれた家(S1)

加速する時代(S2)


・所属する人材

一覧


・所属する無名人材

一覧


考察

希少かつ実質的な万能属性である攻城属性のスキルを持つ軽騎兵。騎兵なのにノックバック無効
その対人威力は説明文ほど低くないが竜騎兵よりも攻撃力が低いため威力はやや控えめ(減衰後の竜騎兵銃よりよっぽど高威力だが)。
ただし浸透戦術、攻勢主義、ウェルテル人の守護者などの国策でステータスを底上げすると持ち前の素早さと合わせてかなりの威力になる。
曲射かつ長射程なため後衛の暗殺にうってつけだが範囲攻撃ではないため注意、判定は大きいので同様に範囲攻撃でないステート・アマの曲射よりは遥かに当てやすい。

攻城用松明投擲はウィスキーボンボンと同じ高倍率でしかも4回も使用可能なのだが良くも悪くも攻城属性である。
砲に耐性のある相手でも問題なくダメージを与えられるが建造物以外の殆どの相手に対しては弱点を突くこともできない。
弱点相手にウィスキーボンボンと同じ感覚で使用すると思ったより火力が出ない可能性があるため、
一度に複数個投げるつもりで使った方がいいかもしれない(特に低レベル時)。

射程は短いものの二丁リボルバーは麻痺が強力で判定が大きいため当てやすく上手く使えば重騎兵、重歩兵対策に重宝するだろう。
だが散開陣形を取ってしまうため上手く当てるには置くようにして位置指定で先出しし後退するなどの工夫が必要。
また地味にノックバックが無効なためキャンディパイクの引き寄せやストゥーパタワーの吹き飛ばしが他の騎兵ほど怖くない。
逆にノックバックを利用して敵の射程圏内から脱出することができず、また土魔法のノックバックを受けないことでかえってダメージを受けてしまうことに注意。

どちらかといえば高機動、投擲、長射程や麻痺を活かした少数による攻略や防衛に向いており大軍で弾幕に参加するには少々コストがかかることもあって少し地味。
だが必殺技や通常技はいずれも放物線軌道で操作さえすれば相当な威力が期待できるので資金に余裕があれば積極的に雇ってもそれなりの戦果を上げてくれるだろう。
単独運用はロッテンガム侯領プレイ時のSWEETs兵団などの相性がいい勢力なら1部隊だけで滅亡させることも可能、
尤もこの戦法ならば重騎兵の方がより安く使いやすいかもしれない。

無名人材はマリアージュランスを付与したり、騎乗装填を付与できる人材がいる。
残念ながら両方は同時に付与してくれない。
帰順馬賊士官の騎乗装填で銃筒火車をマシンガンに改造ができたり、重騎兵に飛び道具を付与できるため優秀だ。
馬賊団頭領は2名とも付与先が微妙、単純に使い勝手が良い本兵科で問題ないだろう。



コメント欄

  • 司令部破壊するのにすっげえ便利、ただし操作には気をつける必要がある --- (2015/06/21 23:53:41)
  • 砲兵の特徴を持った騎兵という感じ --- (2015/09/28 01:09:00)
  • ノックバック無効で事故らないのが本当にありがたい。重騎兵にランス付与する場合、装填を持たないため低レベル時には加速とMP食い合ってしまう。その場合、加速を禁止して戦列に混ぜとくのがよさげ。 --- (2016/12/07 17:41:32)

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。

投稿済みコメントに返信する場合はコメントを選んでから投稿してください。


画像認証

  • 最終更新:2015-07-02 02:32:38

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード