ダイス・ケウス・ベテウス

概要

carlG11.png carlG21.png carlG31.png
重歩兵(突撃兵):重騎兵・軽騎兵に対し有利 軽歩兵・砲兵に対し不利
配置:前衛
移動タイプ:森林 維持費:35 不明 ノックバック無効

解説

古代文明期に開発された生物兵器の末裔
古代文明滅亡後、研究所のあったオラガ島の自然に適応し
島の入植者とも友好的に共存していた
ダイス・ケウス型は拠点防衛用の重装型として設計され
植物の特性を備え、高い耐久力と再生能力を誇る
なお、村では木こりとして働いていた

性能

・基本ステータス
※個人スキルなし
Lv クラス名 雇用費 HP MP 攻撃 防御 魔力 魔抗 早さ 技術 HP回復 MP回復 移動 召喚数/LV
1 ダイス・ケウス・ベテウス 600 4500 150 120 100 90 80 60 100 15 10 80 1/30(%)
15 ダイス・ケウス・ロジヌス 3500 12690 262 288 240 202 178 60 212 29 24 80 1/30(%)
30 ダイス・ケウス・イエスアジヌス 10500 21465 382 468 390 322 283 60 332 44 39 80 1/30(%)

・成長
HP MP 攻撃 防御 魔力 魔抗 技術 HP回復 MP回復 exp_mul
13 5 10 10 8 8 8 3 3 124→134(Lv30~)

・耐性
歩兵近接に微強(+1) 射撃に微強(+1) 対騎兵に微強(+1) 砲撃に微強(+1)
水に強い(+2) 光に強い(+2) 土に強い(+2) 雷に強い(+2)
毒に無敵 麻痺に強い(+2) 幻覚に強い(+2) 沈黙に強い(+2) 混乱に強い(+2) 恐慌に強い(+3)
炎に微弱(-1)
即死に弱い(-2)


・使用スキル
スキル名 使用可能Lv 攻撃力 発動 射程 消費MP 属性 備考
突進 1~14 攻撃×150%→80%   接近時   歩兵近接 「要助走」
「範囲攻撃小」
「吹き飛ばし小」
「使用時減速40%」
「恐慌:50%」
突進Ⅱ 15~29 攻撃×175%→90%
突進Ⅲ 30~ 攻撃×200%→100%
グランドパンチ 1~14 攻撃×100%   接近時   歩兵近接 「吹き飛ばし極大」
グランドパンチⅡ 15~29 「2連射」
「吹き飛ばし極大」
グランドパンチⅢ 30~ 攻撃×125%
自己再生 1~ (攻撃+技術)×50%   自分 120 補助:HP回復  
グランドボンバー 30~ (攻撃+技術)×25% 150 150(前方放射状) 300 「範囲攻撃大」「石化:20%」
岩盤砕き 1~14 攻撃×100%→攻撃×75%   1~400 60 「吹き飛ばし小」
岩盤砕きⅡ 15~29 「2連射」「吹き飛ばし小」
岩盤砕きⅢ 30~ 「3連射」「吹き飛ばし小」

運用

・雇用可能勢力

分かたれた家(S1)


考察

並外れた体力と弱点の少なさが魅力の前衛歩兵。
ただし足並みは非常に遅い上雇用可能人材が極端に少ないため非常に不便。
また射程距離も短く、スキル付与人材もほぼ皆無のためレベリングも困難である。ハンターの下である程度の訓練も一つの手である。
レベルさえ上がれば肉壁として多少無茶な使い方をしても死ななくなる。
ただし注意すべきことは即死耐性の低さ。カキノのイール・ハピネターレや試作機甲兵の対物ライフルで簡単に即死してしまう。
彼らのいる戦線では召喚を使って攻撃を反らしたりして、攻撃を受ける機会を出来る限り少なくしたい。

国策の浸透戦術を使えば足の遅さを改善ができ、汎用性がかなり上がるためおすすめである。
引き撃ちする敵を無理やり殴りに行くことが可能になり、レベリングもある程度やりやすくなる。

Lv30で習得するグランドボンバーは言わば短射程のグラウンドシェイカーである。
ただ短射程+低威力で使い勝手は悪い。賑やかし程度と思ったほうが無難。

素の状態だと肉壁以上の使い方は難しい。しかしカールが率いた時のみ例外。
ノックバック無効とタフさ、そして強化された機動力で敵を真正面から押しつぶせるだけのポテンシャルを秘めている。
カールが苦手とする銃兵の処理やカールとは別方向から、2面攻撃を加えるのに適している。是非一度試してもらいたい。

コメント欄

  • 自己再生持ちかつ岩盤砕きの距離が意外にあるため、後衛の最前部に置けば(ごく低量の)レべリングはできる。レベル5~10程度の微妙な時期に前衛に配置すべきか悩む場合は、LV+10したキャンディパイク程度のタフさはあると考えれば判断しやすい。 --- (2015/03/09 10:55:06)
  • HPが高い、防御が高い、魔抗も高い、耐性も即死以外はクッソ優秀で、あげく自己回復持ち。 前衛歩兵としては極め付けに優秀。雇用が唯一にして致命的な弱点である --- (2015/05/08 01:11:09)
  • 所属勢力によって、優秀クラスになったり産廃クラスになったりする。例えば空爆からの速度戦主体のドウリルではお勧めできないが、騎馬による迂回攻撃主体のルマンダでは優秀な敵拘束役である。適宜所属勢力と戦術に合わせて使い分けるべき --- (2015/06/10 17:03:38)
    • ドウリルの固有国策乗ればヤバいことになるんですがそれは··· --- (2015/10/09 22:15:01)
      • 正直ドウリルにほしいのは(動く壁として)優秀な歩兵だもんな。 --- (2015/10/10 00:07:41)
    • 産廃の意味分かってる?ドウリルでもしハンターを拾えたらそりゃうさぎを雇うだろうが、移動力+100されるこいつが弱いわけないだろ --- (2015/06/10 23:11:10)
  • 新世界の神相手に涼しい顔できる一般ユニットはこの熊ぐらいのものだろう。規律テイマーを拾えたら迷わず入れるべき。テイマーの膝は矢だらけになるが仕方ないね。 --- (2017/05/28 11:42:13)

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。

投稿済みコメントに返信する場合はコメントを選んでから投稿してください。


画像認証

  • 最終更新:2016-01-01 14:36:15

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード