デシャス伯爵領 攻略(S2)

勢力のデータはこちら
※以下はあくまで攻略の一例です。

概観

ボンブーレ革命政府ハセレ子爵領と2ターンの同盟中。友好度は低い。
しかし前者はともかくノーベル人材を吸収したルマンダとの国力差は如何ともしがたく、その上こちらには4ターン目まで厭戦感情(全ユニットの能力が25%低下)がついている。
まともに当たってはもちろん、3バカ共闘を利用しても大被害は免れず、よほどの強者でない限りどんどんジリ貧になって詰むと思われる。

そこで一旦ボンブーレ吸収の為にイナゴし、返し刀でルマンダを分断放浪により滅亡させるルートを薦める。
おそらくS2デスニートでも取られるルートだろう。
なおハゥンマー民族代表院とも接しているが、手を出さなければ攻められることは無い。

国策

厭戦効果をできるだけ打ち消すため、軍事系国策を取っていきたい。
デシャスの最大の強みはヴァルタースという怪物ユニットの存在である。彼の魔術と魔力充填を最大限活かすために神秘主義の採用が堅い。取らなければ決定力が無さ過ぎて辛い。
もう一つはやはり浸透戦術が鉄板。厭戦感情で移動力まで大幅低下しているため、これがないとお話にならないドン亀集団になる。
攻撃力が下がるが、基本的に火力はヴァルタース隊とクラシエ魔導兵頼みであるので気にしない。

1~4ターン目

1ターン目

ブルボン朝ルマンダ国に先手をとる。後手でクリアする自信は、ない
次ターンに全軍でガトーズフリートを攻めるため、ミィズロにベストメンバーを置こう。
ミィズロにいるモウバドの部下をキャンディパイクに入れ替える。同地のマグス宮廷魔術士隊×3はいらないのでミッドフィールドに移動させる。
エコダからロリポーと、前衛を率いられない無能モウバド以外の顔無し人材をミィズロに移動させる。ミィズロは部隊数が13になるようにしよう。
残りをミッドフィールドへ移動させる。エコダは空っぽでも良い。
フルノラの配下はクラシエ魔導兵のままでいいだろう。召喚数UPが死ぬが召喚など焼け石に水である。
一般はフライコーアパイ投擲機なども雇っておきたい。ただ、特にパイは移動力低下の影響がモロで、対ルマンダで全滅しやすい。お金もかかるし、無くても勝てるので好みで。

外交では、ハセレ子爵領にガトーズフリート共闘依頼しよう。自信があるなら後の同盟を確実にするため、単に親睦でも良い。
ボンブーレ革命政府は共闘依頼しても、高確率でニートと共闘しないので来てくれない。放置でも良い。

2ターン目

ニートとともにシン・クジュンを攻め、ガトーズフリートを滅ぼす。
最大の敵はガトーズというより防衛施設と時間切れなので、カードで重騎兵を召集しよう。
彼らがいなければ鈍足集団で時間切れ頻発・細道で思うように動いてくれない・防衛パイ砲で事故死、とストレスフルな戦いになる。

基本的には北門のあたりで召喚し、バフが終わったらヴァルタースのグラウンドシェイカー・広域魔力充填以外を禁止する。
うざったい防衛施設は適宜、重騎兵隊で壊そう。
おそらく最初の門にビター、その次にロールが陣取っているので、魔法の位置指定で倒す。近づきすぎるとシリンダークラッシュで壊滅するので注意。
ガトーズも基本的に中心部の門で張り付いている。暴れだすと手に負えないので、ハボリムクラウドを当てて一気にカタをつけよう。
首尾よく滅ぼしたら、ビターとロールを雇用。ビターとモウバドに駐屯騎士を補充し、ロールはとりあえずロリポーの下につける。
外交ではニートと親睦しておこう。
シンクジュンの主力をミッドフィールドに、残りをシンクジュンに移動しておく。

防衛ターンはルマンダが空っぽのエコダに何故か全力で攻めてくるので、くれてやる。

3ターン目

イベント大いなる獣が発生。
この時点でボンブーレ・ニートとの同盟が切れるので、すかさずヘヴンリィ池沼帯を攻める。デスニートと違い、ボンブーレを完封するくらいの戦力は十分あるので楽なはず。
外交ではニートと同盟する。ニートは積極的に親睦してくることが多いので、ターン順次第ではこの時点で同盟があり、ルマンダとの共闘依頼ができる。

防衛ターン、ルマンダ主力がヘヴンリィ池沼帯を攻めてくる。おそらく一番の難所であり、共闘がない場合は勿論、あっても苦戦は免れない。
召集カードの竜騎兵が非常に有力。また、そのターン時に雇ったユニットは厭戦感情の効果を受けないので、お金はかかるがロール等からLV34キャンディパイクを揃えるのも良い。
2ターン目に雇った重騎兵も最低2部隊は必須。余ったユニットはエコダヘ移動させておこう
敵は大抵ルマンド七世を初めとする騎兵軍に、サー・ブロトンダンバイ等の駐屯騎士ルーベラまたはホワイトロリータの魔法勢、セブレのテロ砲兵といったバランスのよい強力布陣である。
ホワイトロリータは回復量が尋常じゃないオールヒール持ちなので、いたら物凄く辛い、リロードも視野に。

開幕時の地形は山岳なので、とどまるとまず勝てない。即召喚で時間を稼ぎつつ、後ろ側の草原があるスペースへ急ぐ。できるだけ前衛後衛を分断させよう。
騎兵達が襲いかかってくるので、引きつつグラウンドシェイカー・土魔法・竜騎兵銃で倒す。
あとからやってくる後衛勢を、ロリポーで釣りつつロールの片道シリンダークラッシュで出来るだけ消し飛ばす。
駐屯騎士は物凄く硬いが、集中砲火で倒すしかない。またバタータがいる場合の聖なる手榴弾は狂った威力なので釣る。
残りの後衛を、わずかな草原地帯を利用して重騎兵で掃除する。
いうのは簡単だが事故要素満載で辛い、しかし必ず勝てるので粘ろう。
なおこのターンはミィズロが攻められ、ミッドフィールドは攻められない(たぶん確実)。

4ターン目

ギーオクボを楽に攻め取って、戦力補充する。
ニートにルマンダの共闘依頼をする。ヘヴンリィ池沼帯は空っぽでいいが、ミッドフィールドには寡兵を置いたままにしておく。

防衛ターンはヘヴンリィ池沼帯を取られるほか、ミッドフィールドとシンクジュンを攻められる。
ミッドフィールドは相手もほぼ確実に寡兵なので、置いてある重騎兵他と共闘とで守れる。シンクジュンも防衛施設が強いので同様。人材が大挙してくることは無い。

5~8ターン目、それ以降

5ターン目にニュー・コーウェンとクーガー山地を取り、ギーオクボを明け渡す。このターンからやっと厭戦が無くなるので、火力が見違えて上がる。
6ターン目にはハイウェール池沼帯を取ってボンブーレ滅亡。カードも視野に入れて人材を回収する。
キュービィには先ほどの竜騎兵が丁度いいだろう。ラサダは健脚付与があるのでロリポーロールを突っ込むのが良い。
クーガー山地を攻められるが、もう全く怖くないだろう。ニュー・コーウェンは明け渡す。
7ターン目、ギーオクボを取り返し、ルマンド七世をニュー・コーウェンに閉じ込める。
8ターン目にニュー・コーウェンを取り、ルマンダ滅亡である。ヘヴンリィ池沼帯とミィズロも取り返しておき、人材もできるだけ急いで回収しよう。

これを、

こうする!


いうまでもないがこの時までにヨギヨのニートがルマンダに取られては全て台無しなので、共闘等で助けてあげる必要がある。
さいわいミッドフィールドに寡兵を置いておくと向こうも寡兵で攻めがちなため、何とかなる。

ルマンダ人材を回収してしまえば、後はどうとでもなる。フルノラさん育成ゲームをするなり、好きに楽しもう。


コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2015-07-20 16:14:06

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード