ブーランテュール

人材情報

列伝

branchu.pngbrtl11.png
大陸軍 陸軍卿

先代国王、ロアル六世の御世から仕える古参将軍
没落貴族の出身であったが、先代国王に従い各地を転戦して名を上げ
その功績によって十年前に陸軍大臣に就任すると
末端の兵士に利益の出る軍制改革を行って将兵に絶大な支持を得た
典型的な保守派の軍人で、規範の順守に対して厳格でストイック
そのため、ホワイトロリータは心情的に理解し難い存在である

台詞

雇用時

「強き王権により、祖国の仇敵を撃滅せん!」

退却時

「私の復讐はここでは終わらぬ……」

ボイス

前進時

互角時

優勢時

劣勢時

基本情報

人種 汎ブルボン人 性別 男性
クラス 重騎兵 exp_mul 124
HP 2200 MP 90
攻撃 130 防御 95
魔力 65 魔抵抗 70
素早さ 65 技術 75
HP回復 25 MP回復 15
移動力 160 移動タイプ 草原
召喚数 3 召喚レベル 30%
※部隊スキルによりHP・攻撃・防御・移動力 +25%上昇

耐性

-4:激弱、-3~-2:弱い、-1:微弱、0:普通、+1:微強、+2~+3:強い、+4:超強。
属性 歩兵近接 射撃 騎馬突撃 対騎 砲撃 攻城
耐性 0 0 0 0 +2 +2 +2 +2 -2 +2 0
属性 麻痺 幻覚 沈黙 混乱 恐慌 石化 ドレイン 即死 吸血 魔吸
耐性 0 0 0 0 0 +3 0 0 0 0 0
※部隊スキルにより恐慌+2

スキル

個人スキル

スキル名 使用可能LV 攻撃倍率 発動距離 射程 属性 消費MP 備考
号音ラッパ(突撃) 1~ 攻撃×50%   300 補助:攻撃上昇   「減速20%」
号音ラッパ(照準) 補助:技術上昇
号音ラッパ(堅守) 補助:防御上昇
号音ラッパ(進軍) 補助:移動力上昇
※その他、重騎兵のスキルを習得

リーダースキル

スキル名 使用可能LV 攻撃倍率 発動距離 射程 属性 消費MP 備考
ウィスキーボンボン 1~ (攻撃+技術)×100% 450 100~450   必殺技(4回)
「減速20%」
「範囲攻撃小」「吹き飛ばし中」
鼓舞 1~ 攻撃+魔力×80%   300 補助:状態異常回復   「減速20%」

部隊スキル

訓練効率アップ
能力 訓練効果アップ 上昇値:2

復讐将軍
能力 HP・攻撃・防御・移動力 +25%上昇
耐性 恐慌+2
反王統派を尻込みさせた男

副官スキル

復讐将軍
能力 攻撃・移動力 +10%上昇
耐性 対騎兵+1

キャラ特徴

ルマンダの忠臣。保守派の軍人で、ノーベル枢機卿ヴィーシーらと親交が深く、新参者のホワイトロリータとすこぶる仲が悪い。
列伝や本編のセリフからはクソ真面目な印象を受けるが、ホワイトロリータとの会話を見るに皮肉屋な一面もある模様。

尚、2名ほど彼の機嫌を損ねてルマンドを下り別勢力で活躍する士官がいる。二名とも女性。
1名とは某イベントで和解したりもするので振り上げた拳を下ろすタイミングがわからないタイプなのだろう。
ベタな展開だがなかなか胸が熱くなる。必見。

ペガサスには絶対に乗りたくないが、古代生物学によって飛行する羽のない馬は許容範囲という難しい男。
彼がもう少し柔軟なら、動く森林は避け得た戦いだったのでは・・・。

「絶対に、
 乗りませぬぞ」



全般

ルマンダにはバグじみた重騎兵人材であるガトーズがいるため、いま1つ話題に上がらないが彼も十二分に強い。
重騎兵に必要な能力群を一回り高める部隊スキルを持つ。
特に恐慌+2は非常に重要で、怒号持ちの重歩兵を積極的に削りに行ける。
LSは状態異常回復スキルの鼓舞に加え、何と言っても必殺技のウィスキーボンボン4回付与が強力。
ルマンダ固有国策「古代生化学」で飛行移動を付与すれば、応用と無理の利く重騎兵として八面六臂の活躍を見せてくれるであろう。

操作方法

普通の重騎兵として運用し、要所でウィスキーボンボンを投擲する。
手榴弾を用いれば、本来相性の悪い重歩兵を爆殺し、厄介な敵部隊をピンポイントで消滅させ、敵陣に大穴を開けることが可能である。
4発も投げれるので、出し惜しみせずに使って部隊の被害を減らしたい。

敵対時対処法

何気に本人に対騎弱点がない、とは言えちょっと強い重騎兵ぐらいの認識で問題ないだろう。
ウィスキーボンボンの直撃を浴びないようにだけ注意。

シナリオ雇用

雇用人種 汎ブルボン人 エイザック人 不明 ハゥンマー人 フレンテ人 エンゼル人 ウェルテル人 古スーギ・ノウコ人 ドウリル人 トゥーハート人
雇用兵科 トロバイリッツ 竜騎兵 重騎兵 クラシエ魔導兵 召喚決闘者 パイ投擲機 シガレット擲弾兵 キャンディパイク <ビター> <セブレ> <ダンバイ> <ヴィーシー> <ルマンド七世>
※ランダムシナリオでは雇用人種にUnknownが追加される

勢力のマスターとして

勢力名 グルナディエ近衛騎兵軍
雇用人種 汎ブルボン人 エイザック人 不明 ハゥンマー人 フレンテ人 エンゼル人 ウェルテル人 古スーギ・ノウコ人 ドウリル人 トゥーハート人
リーダー可能兵科 トロバイリッツ 竜騎兵 重騎兵 クラシエ魔導兵 召喚決闘者 シガレット擲弾兵 キャンディパイク

元ネタ

菓子:ブランチュール(株式会社ブルボン)

フランス軍人:ジョルジュ・ブーランジェ
普仏戦争敗北後のフランスで国防大臣となり、列伝同様の軍制改革を実施し民衆の支持を獲得、また対独強硬論を唱えて「復讐将軍」、「ビスマルクを尻込みさせた男」とあだ名される。この人気を背景にクーデターによる政権奪取を画策するも、当日愛人とのあっはんうっふんを優先したため計画は瓦解、亡命を余儀なくされる。顔も似ている。



  • 何気に多数の人材を追放しているこまったちゃんでもある --- (2014/05/28 01:28:21)
  • 優秀な忠義の男であるのは間違いないけど好き嫌いが激しい。そのせいでルマンダの人材がバンバン放出されてるので間接的に国の衰退と先王の死因の一つとも言える。ヒゲ、しっかりしろ --- (2014/08/22 18:18:47)
  • 恐慌に強いため位置指定チョークテックで重歩兵を安心して狩れる、ボンボン付与もあり騎兵が苦手な相手に強い騎兵というイメージ --- (2015/07/22 10:30:41)
  • 司令部破壊に向いている気がしなくもない --- (2016/05/17 07:23:38)

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。

投稿済みコメントに返信する場合はコメントを選んでから投稿してください。


画像認証

  • 最終更新:2015-07-22 08:06:46

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード