ホワイト・リヒトホルン

人材情報

列伝

whitehorn.pngrft11.png
白い悪魔

ドウリル民族戦線、航空省次官。ミル・クランゲの弟
病弱で内向的な性格のため、優秀な兄に憧れと劣等感を抱いていた
新設された航空兵部隊の実技試験で航空兵からは脱落したが
航空技師上がりの航空戦略家としての異能を開花させ
空爆による敵国民の士気崩壊を狙うテラードクトリンを考案
南部侵攻では爆撃機隊を指揮して敵都市への無差別爆撃を繰り返し
戦局に多大な影響を与え、兄よりも上官の航空省次官まで上り詰めた
しかし、一般市民や将兵からは兄と比較されて大量殺人者と蔑まれ
最期は半ば発狂し、先導機に乗り込んだが、撃墜され行方不明となる

台詞

雇用時

「敵の大都市を全て焼き払えば戦争が終わるのなら、騎士も、英雄も、勇気も、何の価値も無いじゃないか。」

退却時

「英雄という虚像が! 僕を裏切ったんだ……!」

必殺スキル発動時

テラー近接支援「ジェリコのラッパ」:「ドウリル空軍に何が出来るか世界に示すのだ」
テラー絨毯爆撃「黒死病」:「兄上、見ていますか……これが戦略爆撃コマンドの……私の力なのです」
特務空挺部隊投下:「敵と正面からぶつかる必要は無い 特殊部隊に敵の兵站を破壊させよ」

ボイス

前進時

互角時

優勢時

劣勢時

基本情報

人種 ドウリル人 性別 男性
クラス ボンバード射杭砲 exp_mul 128
HP 400 MP 115
攻撃 250 防御 20
魔力 50 魔抵抗 20
素早さ 50 技術 160
HP回復 6 MP回復 20
移動力 80 移動タイプ 普通
召喚数 3 召喚レベル 70%
※部隊スキルにより攻撃+50% 技術 +50% 移動力 75%下降

耐性

-4:激弱、-3~-2:弱い、-1:微弱、0:普通、+1:微強、+2~+3:強い、+4:超強。
属性 歩兵近接 射撃 騎馬突撃 対騎 砲撃 攻城
耐性 0 +2 -2 0 +2 +2 -2 +2 +2 +2 0
属性 麻痺 幻覚 沈黙 混乱 恐慌 石化 ドレイン 即死 吸血 魔吸
耐性 0 0 0 0 無敵 無敵 0 0 0 0 0
※部隊スキルにより恐慌 無敵化

スキル

個人スキル

スキル名 使用可能LV 攻撃倍率 発動距離 射程 属性 消費MP 備考
テラー近接支援
「ジェリコのラッパ」
1~ (攻撃+技術)×20%   9000(位置指定楕円形) 射撃   (必殺技)
「180連射」「範囲攻撃大」
「時間差攻撃」
「混乱・恐慌のいずれか:70%」
テラー絨毯爆撃「黒死病」 15~ (攻撃+技術)×10%   9000(位置指定楕円形)   (必殺技)
「160連射」「範囲攻撃大」
「時間差攻撃」「恐慌:100%」
特務空挺部隊投下 30~     9000 召喚   (必殺技)
召喚:空挺兵×12
「使用時停止」
※その他、ボンバード射杭砲のスキルを習得

リーダースキル

スキル名 使用可能LV 攻撃倍率 発動距離 射程 属性 消費MP 備考
ソフトポイント小鬼弾小銃 1~14 (攻撃+技術)×85% 650 100~650 射撃 20 「減衰開始350」
「近接使用不可」
「減速20%」
「5%の確率でヒット時に
(攻撃+技術)×125%の範囲攻撃」
ホローポイント小鬼弾小銃 15~29
ダムダム小鬼弾頭小銃 30~
装填 1~ 技術×400%   自分 リロード
(MP回復)
  再使用時間:3
「近接時使用不可」
「連続使用不可」
「使用時停止」

部隊スキル

テラードクトリン
能力 攻撃+50% 技術 +50% 移動力 75%下降
耐性 恐慌 無敵化
叩くべきは敵の肉体ではなく、精神の結束である
戦争を終わらせるのは戦場での勝利ではなく、敵都市への無差別攻撃である

副官スキル

テラードクトリン
能力 技術 +30%
耐性 恐慌 無敵化

キャラ特徴

支援砲撃を持つ砲兵人材の中でも戦略爆撃に特化した性能を持つ人材。
宿命のライバルが元ネタのあの人とは兄弟の関係であり全く正反対の性能を持つ。

全般

S1エイヴィーズにて在野のボンバード射杭砲人材。まずドウリル民族戦線に雇用される。
砲撃威力を高めることだけに特化した潔すぎる部隊スキルを持つ。破格の上昇値のおかげで砲兵としては非常に優秀な部類に入る。
また装填と小鬼傭兵の銃を付与でき、部隊スキルもあってこれも相当な威力がある。仕留めたい敵次第で切り替えよう。
さらに2種類の固有支援砲撃スキルを持っており集団に対しての攻撃力も高い。
最初から使えるテラー近接支援「ジェリコのラッパ」、レベル15で修得するテラー絨毯爆撃「黒死病」は指定地点から広範囲に無差別爆撃を行う。
威力はもちろんのこと恐慌付与率が高く、簡単に機能不全に陥らせることができる驚異の性能。
習得可能レベルこそ高いもののレベル30で部隊召喚スキルも得るため、後方支援は本当に隙がない。強い。

但しその代わりに移動力が激減しており、電撃戦・浸透戦術無しではドン亀状態になる。
防衛戦での引き撃ち等には向かず、急速展開しても逃げ遅れてあえなく全滅してしまう。
個人の爆撃だけで十分働けるため、いっそ機械化射突槍兵等を雇って育成するのも手。
また彼個人の耐久力は下の下で、流れ弾一発で余裕で逝ってしまう。それゆえレベリングが滞りがちなのも弱点。

高速機動で遊撃から切り込みまでこなせる兄との相性は兄弟仲はともかくとしてかなり良好。
弟の砲撃により大混乱に陥った敵陣に切り込んで華々しい戦果を上げてくれるだろう。目立ってるの兄上ばっかりじゃないか!

ver0.99よりマクダミアの爆撃必殺3つがアシストスキル化したので、彼女の上司としてピッタリの存在に。
もともと高いステータス×低倍率の爆撃というキャラだったが、マクダミアから付与される爆撃は高倍率、その威力は言わずもがなである。
元から持っている爆撃と合わせると5回も敵陣営に大打撃を与えられる。マクダミアの分も合わせると8回で、あとにはペンペン草も生えない。
悩みの種だったレベリングのし辛さもかなり解消されるので、早くも鉄板の運用法となった感がある。

操作方法

タイミングを見て支援爆撃2発を敵軍に叩き込めば後は自由に動いて構わない。
しかしながらテラードクトリンによる機動力低下と元々の低耐久により、砲兵人材の中でも特にその自衛力は皆無に等しい。
場合によっては退却すらままならない事もあるため、位置取りと戦局の推移には気を配ろう。
部隊長時はあまりの遅さにより事故死しやすくレベルが上がりにくいので、
LV30まではストロベリー等の部下にしてまともな移動力を与えてやった方がいいかも。

ver0.99以降のマクダミア陪臣運用ではレベリングも楽々。
ただしモタモタしてると撃つ前に案の定死ぬので思い切りの良さも大事。

敵対時対処法

ドウリル軍なので当然まず爆撃を釣る。
恐ろしい技だがヘーゼルのように感覚が空くわけではないので避けるのは簡単のはず。
彼のボンバード部隊の砲撃はストロベリー部隊を超える破壊力があり、一度でも後衛が喰らうと致命的な被害が出るが、
そのかわりに他のドウリル人材に比べて遥かにトロく孤立していることが多いので比較的仕留めやすい。
なお彼自身は超がつく虚弱体質なのでいつも英雄という虚像に裏切られている。

シナリオ雇用

雇用人種 汎ブルボン人 エイザック人 不明 ハゥンマー人 フレンテ人 エンゼル人 ウェルテル人 古スーギ・ノウコ人 ドウリル人 トゥーハート人
雇用兵科 粗製滑腔野戦砲 山岳歩兵 軽装鉄槌兵 隊附衛生部員 キャンディパイク フライコーア ボンバード射杭砲 国民擲弾兵 機械化射突槍兵 <ミル・クランゲ・リヒトホルン>
※ランダムシナリオでは雇用人種にUnknownが追加される

勢力のマスターとして

勢力名 ロンド・ヘル
雇用人種 汎ブルボン人 エイザック人 不明 ハゥンマー人 フレンテ人 エンゼル人 ウェルテル人 古スーギ・ノウコ人 ドウリル人 トゥーハート人
リーダー可能兵科 粗製滑腔野戦砲 山岳歩兵 軽装鉄槌兵 隊附衛生部員 キャンディパイク フライコーア ボンバード射杭砲 国民擲弾兵 機械化射突槍兵

元ネタ

菓子:ホルンホワイト(明治)
造形:「機動戦士ガンダム」シリーズに登場するキャラクター「アムロ・レイ」から。顔グラや勢力名もこれに準ずる。
慇懃な物言いやその末路は中の人が同じ「銀河英雄伝説」の「アンドリュー・フォーク」を連想させる。
直接の元ネタはWW2のヴォルフラム・フォン・リヒトホーフェン元帥。ミル・クランゲ・リヒトホルンこと赤い男爵マンフレート・フォン・リヒトホーフェンの従兄弟。ゲルニカ爆撃に関与し、クレタ島降下作戦やスターリングラード爆撃を指揮した優秀な将軍。
戦略爆撃=虐殺としての側面は鬼畜の二つ名で知られるカーチス・ルメイ大将の影響か。
(ゲルニカ爆撃は日本軍の重慶爆撃、米軍のドイツ・日本諸都市への空襲等に先駆けた『最初の無差別爆撃』とされているため、そちらが大きいかも知れない)
テラー近接支援「ジェリコのラッパ」:ドイツの急降下爆撃機「Ju-87 スツーカ」が爆撃を行う際のサイレン(風切り音)から。
テラー絨毯爆撃「黒死病」:ソ連の攻撃機「イリューシン Il-2」に対し、ドイツ陸軍が名づけた異名から。



  • 地味だけど近接系に小鬼銃を付与できるので、前線へ叩き込むのもありか。ただし本人は逝く。 --- (2015/01/22 16:11:40)
  • 石器時代に戻してやるって発言はルメイとアーミテージの発言だと思われます。 --- (2015/03/06 16:10:30)
  • テラー○○は火力は他の航空機系に比べてめちゃめちゃ威力がしょぼい。異常撒きとして使うべき。 --- (2015/03/13 21:33:19)
    • それでもLV30くらいの後衛がまともに喰らうと耐えられないくらいのダメージはある --- (2015/03/14 03:01:56)
      • というか本人の数値が異常に高いから十分火力あるよね --- (2015/03/14 03:09:19)
  • 副官スキルの実装でマクダミアを陪臣にし適当に必殺撃ってるだけでレベルが30まで上がるようになった --- (2015/05/15 09:36:03)
    • く・・・俺は嫁さんすら根暗男に奪われたのか・・・ --- アーくん (2015/06/05 21:53:36)
      • まあチンピラ航空隊長と若くして航空省次官に上り詰めたエリート、しかも兵器の運用方法もこだわらないとくればもうアー君勝ち目ない。 --- (2015/12/23 01:49:12)
      • アー君「俺の嫁がN・T・R!!」 --- (2015/06/20 16:38:34)
  • 個人的にアムロっぽさと神経質っぽさと病弱っぽさをうまく表現した名画だと思ってる --- (2015/06/05 21:18:43)
  • 航空省次官らしいが、長官は誰だったんだろう?史実の長官は超がつくほど無能だが。 --- (2015/06/19 18:09:41)
  • こいついつも裏切られてんな --- (2015/06/27 00:46:12)
  • 回転木馬と聞くとEDFのマップしか思い浮かばないがぐぐっても史実関連出ないということはEDFが元ネタなんだろうか? --- (2015/12/22 04:49:09)
    • 戦略爆撃ドクトリンのメリーゴーラウンドからだと思う --- (2016/01/21 15:18:16)
    • アムロで木馬というと十中八九ガンダムだろうとは思うが、視聴してないので明確には分からん --- (2015/12/22 12:36:43)
  • ロンド・ベルは珍しいハゥンマーとドゥリルの混合編成で、魔法兵がいないものの専用クラス同士の相性がいいためなかなか強力。仲のいいきのこたけのこを見たいなら彼をマスターにしよう。鉄竜騎兵?知らんな。 --- (2015/12/23 18:21:29)
  • 元ネタの元ネタだが、『ジェリコのラッパ』は旧約聖書に登場する都市攻略における作戦。都市の外でラッパを吹いたら城壁が吹っ飛んだ事から。 --- (2016/07/18 05:59:43)

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。

投稿済みコメントに返信する場合はコメントを選んでから投稿してください。


画像認証

  • 最終更新:2016-02-23 12:16:41

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード