マグス宮廷魔術師

概要

tp11a.png tp21a.png tp31a.png
重歩兵(戦列兵):重騎兵・軽騎兵に対し有利 軽歩兵・砲兵に対し不利
配置:前衛
移動型:普通 維持費:10 汎ブルボン ノックバック:無効

解説

火炎放射機と、敵を吸い寄せる銃で武装した重歩兵
ルマンダ国建国期より、王国の科学技術を担っていた集団だが
既に腐敗した既得権益層であり、国に貢献しなくなって久しい
先王、ロアル六世の代に廃官の対象となったことから
不平士族であるデシャス伯爵やロッテンガム侯らに内通し
宮廷内のパイプを駆使してロアル六世の死や反乱を誘発させた
そんな宮廷闘争ばかりしてきた彼らの技術レベルは
他の大国の技術者に比べ、約五世紀程遅れている

性能

・基本ステータス
Lv クラス名 雇用費 HP MP 攻撃 防御 魔力 魔抗 早さ 技術 HP回復 MP回復 移動 召喚数/LV
1 マグス宮廷魔術師 340 1300 100 100 40 100 130 60 70 15 15 85 1/30(%)
15 マーゴイ宮廷魔術師 2600 2938 170 268 96 212 242 60 154 29 29 85 1/30(%)
30 カスパール宮廷魔術師 9000 4693 245 448 156 332 362 60 244 44 44 85 1/30(%)

個人スキル発動時


・成長
HP MP 攻撃 防御 魔力 魔抗 技術 HP回復 MP回復 exp_mul
9 5 12 8 8 6 8 3 3 126→136(Lv30~)

・耐性
射撃に強い(+2)騎馬突撃に強い(+2)
炎に強い(+2)
砲撃に弱い(-2)


・使用スキル
スキル名 使用可能Lv 攻撃力 発動 射程 消費MP 属性 備考
シャールB2火炎放射器 1~14 (魔力+技術)×20% 550 24~450 60 「範囲攻撃中」
「減速20%」
「相殺:射撃」
M35フレイムスロワー 15~29 (魔力+技術)×30% 600 24~500
ドロモンフレイム 30~ (魔力+技術)×40% 650 24~550
マグネットショットガン 1~ (攻撃+魔力)×10% 700 200~650 100 射撃 「16連射」「減速20%」「引き寄せ中」
ムーブ 1~ 魔力×100%   500 60 補助:移動力上昇 「減速20%」

・個人スキル
スキル名 使用可能Lv 上昇値
重歩兵(戦列兵) 1~14 HP +300 MP +20 素早さ +10
重歩兵Ⅱ(戦列兵) 15~29 HP +500 MP +40 素早さ +20
重歩兵Ⅲ(戦列兵) 30~ HP +700 MP +60 素早さ +30

運用

・雇用可能勢力

分かたれた家(S1)

加速する時代(S2)


・所属する人材

一覧


・所属する無名人材

一覧


考察

デシャス伯爵領の固有兵科。「魔術師」と名前がついているが攻撃魔法は使えない。
火薬等の技術を「魔術」と呼称していた古代の歴史を感じさせる。
また、王朝の古い体制とその弊害を垣間見せる情けなさすぎる解説が目につく。

二種類の特殊兵装を備えた重歩兵。突撃はもちろん射撃にも強く、前衛では珍しい魔抵抗の高さが輝く。
一見優秀な兵科なのではと思わせるが・・・

いざ戦場に立ってみると、マグネットショットガンで敵の重騎兵を引き寄せては味方の被害を拡大する
事故を起こし、前衛にしては低すぎる防御力で自分だけ真っ先に死ぬというパフォーマンスを披露。
攻撃範囲の広い火炎放射器も密着状態ではその真価を発揮できず
魔法用の壁にするという運用方法も貫通されては意味が無い。しかも微妙に雇用費が高い。

基本的に汎用性が低く、前衛としての役割を期待するのならばマグスを一人雇うよりパイクを二人雇ったほうがよっぽどいい活躍をしてくれるだろう。
同勢力魔術顧問も暗に「使えない」と言っている始末である。武装だけ残してくれれば・・・

幸いバフスキルでレベルは比較的上がりやすいので、質さえそろっていれば
代表院の突撃兵を焼き払い、鬱陶しい麻痺弾を相殺してくれる。
こちらの周囲を駆けずり回る竜騎兵や鉄竜騎兵もマグネットショットガンで引き寄せ、
流れ弾による後衛の被害を軽減し、攻撃密度の分散を防ぐことができるだろう。
シナリオで近場のベルガモットプラリネあたりは高速狙撃でこちらの被害を増やしがちなので
狙撃系の人材と戦う時は彼らを連れて行ってもいいかもしれない。

人材もレべリングには優秀な働きをしてくれる。 
キャンディパイク駐屯騎士に火炎放射を付与できるので前衛を充実させやすい。
残りの一人もクラシエ魔導兵を率いるのに優秀なリーダースキルを保持している。
総じて配下にマグスを雇うよりもそれ以外のクラスを率いることが有用である。

火炎放射は魔法よりも相殺時間が長く、本人も射撃に相性はいいのだがいかんせん防御が低すぎる。ACの集団狙撃や
互いにガンガン撃ち合う状況では相殺しきれず流れ弾で死ぬ。

火炎放射を防御に使うならば、多めの運用かつ中列配置、部隊固定しながら位置指定で垂れ流すと安定する。
一切の弾丸を通さない無敵のシールド。魔法が飛んできても高い魔抵抗で耐え切り、近寄れば消し炭。
限定的な状況だが防衛の際などは心強い。そこまでする価値があるかは微妙だが

そんな彼らが輝くのは敵前衛壊滅後、後衛系の距離を開けるユニットに時間切れまで粘られる状況である。
特に対ルマンダでは騎兵を乗り切ったと思えばホワイトロリータルーベラの二枚看板に被害を負い、飛行騎砲兵に逃げ回られてタイムアップなんて悲劇が良く起きる。
そんな場合マグスを1部隊入れておけば650の範囲にいる敵ならば引き寄せて(他の兵科が)始末してくれる。650は大体ホーリーレイⅠと同じ射程と考えると驚異的。

とにかく事故を起こしやすい兵科なのでスキルの禁止・指定は忘れないように。マグネットショットガンのタイミングを掴むだけで印象がまるで変わる。
彼らの価値はプレイヤースキルに大きく左右されるのでうまく使いこなしてやろう。

尚、敵対時はこちらの射撃を阻害し、騎兵や銃兵を引き寄せて隊列をかき乱す
きのたけ屈指のウザさを見せてくれる。余計なことをされる前にパイなり狙撃なりで対処しよう。
前述の通りマグネットショットガンの射程が異常なため、うっかりクラシエなどを射線に入れると簡単に事故ってしまう。
対デシャス戦では戦列を乱さないようにしよう。

カードから強化できる新式コンバットブーツと携行式魔力炉が同時に乗る。

元ネタ

シャールB2火炎放射器:第二次世界大戦中のフランスの戦車、ルノーB1のドイツ軍の改修型の1つ、火焔放射式B-2(f)型戦車より。

コメント欄

  • 前衛に火炎放射器をつけられるのは嬉しい。 --- (2015/01/08 18:17:00)
    • 小鬼以下の体力で防御がカスな上に弾幕形成もできないせいでブルボン固有兵科にズタボロにされてもまだ言える? --- (2015/01/08 21:47:45)
      • 対ルマンダで使うこと自体がおかしい。銃兵や歩兵には天敵ともいえるユニットなんで東側相手だと強ユニットになる --- (2015/01/27 23:57:31)
      • キャンディと駐屯に火炎放射つけたらレベリング捗らん? ブルボン戦の主戦力としてはキツイと思うけど --- (2015/01/09 04:08:20)
  • 敵に回すと面倒なのに自分で使うには使いづらい敵キャラの鑑 --- (2015/01/08 21:59:28)
  • マグネットショットガンが強化されてから割と厄介な存在になった --- (2015/01/09 14:12:59)
  • ドロモンフレイムの元ネタは光の目の傭兵ドロモンかも? --- (2015/01/09 16:43:34)
  • 彼らの火炎放射はファイアと違って射程が成長する。レベル30になれば短いとはいえ引き打ちに使える程になり相殺効果も高まる --- (2015/01/12 14:36:26)
  • デスニートでルマンダと戦う時に大活躍する…かもしれない… --- (2015/08/10 06:15:08)
  • 玄人向けなクラス。状況に応じてスキル禁止しないと大損害を被る。マグネットショットガンを使いこなせるかどうかで真価がハッキリする。 --- (2015/08/18 03:16:46)
  • 火魔法使い(白ロリ)捕獲に便利。空振りさせるタイミングを間違えると本体にメテオが落ちるけど。ジャッジメントレイはきついっす --- (2016/03/27 12:17:53)
  • 火炎放射器にショットガン、それとアイコンからして元ネタはTF2のパイロかな。近接スキルに手斧があれば完璧だった。 --- (2016/06/18 17:42:15)

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。

投稿済みコメントに返信する場合はコメントを選んでから投稿してください。


画像認証

  • 最終更新:2016-11-28 20:23:41

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード