初心者向けQ&A

きのこたけのこ戦争・IFってどういうゲーム?

お菓子が関係する名称がついた勢力やユニットが登場する、国取りタイプの戦略シミュレーションゲームです。
プレイヤーは国家の指導者として配下のユニットを雇い育成し、それらの配下を連れて戦場に赴き、戦闘を行い領土を拡張していきます。
戦争になるとリアルタイムストラテジー(Real-time Strategy、RTS)になり、非常にスピーディな戦争が楽しめます。

始めたけど、どの難易度・勢力・シナリオでやれば良いの?

まずは、タイトル画面で「EASY」「NORMAL」「HARD」と難易度が並んでいますが「EASY」モードを起動してみましょう。
上からS1,S2,ランダムシナリオが表示されていますがその下の「チュートリアル」を選んでみます。
このモードでは、勢力の一つとなるブルボン朝ルマンダ国の序盤の動きを元にゲーム内の操作を学ぶことができます。
分かりづらい所はきのこたけのこ戦争フォルダ内にある「Reademe_チュートリアル補足」と並行してプレイしてみてください。

さて、チュートリアルを終えたならば実際にプレイしてみましょう。
難易度はチュートリアルを終えたばかりならば「EASY」がオススメ。自軍がちょっと有利になるモードです。
戦略シミュに慣れた方や既にヴァーレンプレイヤーならば「NORMAL」「HARD」も良いでしょう。間違えても赤い奴は触らないように。

シナリオはいわゆる群雄割拠シナリオの「分かたれた家(S1)」とある程度大国間の戦力が整った状態の「加速する時代(S2)」があります。
OPイベントやシナリオイベントが豊富でまたS2では既に滅んでいる小国でもプレイできる「分かたれた家」が初プレイはオススメでしょうか。

※何度かプレイしてキャラに愛着が出来たならば、初期領地や人材もランダムで選んだり自分が好きなメンバーを選択もできる「ランダムシナリオ」
※ある歴史上の一戦のみを切り取ってそこに関わった人々の思惑と激戦を楽しめる「その時歴史が動いた」も遊んでみてはいかがでしょうか。

最初にゲーム内操作を確認しながらプレイするならば、チュートリアル内でも勧められるブルボン朝ルマンダ国がオススメです。
バランスの取れた人材、多方面から攻められにくい好立地、機動力に優れる固有の騎兵と砲兵を有する初心者向けの勢力です。王道を往くあなたに。
また、豊富な資金力を背景に物量、人材共に優秀で海上での圧倒的強さを誇る商業都市同盟アルフォー党は札束ビンタが好きな人にオススメ。
周辺の小国を吸収しやすく、戦力の拡大が比較的容易なレコンキスタに燃えるグリ公国などももっと熱くなりたいあなたには良いでしょう。
さあLet`s Play!

雇えるユニットがいっぱいでよくわからない!

まず前衛・中衛・後衛の概念を理解しましょう。
基本的には
前衛・・・敵部隊の攻撃を受け止めたり、囮になって相手を誘導する役割をもつユニット。 例:キャンディパイク、召還獣など
中衛・・・前衛の少し後ろに位置し、前衛のサポートや敵部隊への攻撃などを流動的にこなすユニット。 例:小鬼傭兵隊附衛生部員など
後衛・・・敵からの攻撃が届きづらい後方から遠距離攻撃を加え、敵部隊を削っていくユニット。 例:パイ投擲機クラシエ魔導兵など
といった働きをします。
まずはこのことを念頭に入れ、各ユニットの役割と動きかたを覚えていきましょう。各兵種の解説は下を参照ください。
騎兵のような少し動かし方の違うユニットや複数の動きができるユニットもありますが、ある程度慣れるまでは考えなくてもかまいません。
前中後衛の働きと兵種の特徴が掴めてきたら自然と必要なユニットがわかってくるはずです。

やっぱりややこしくてよくわからないんだけど……

任意の家臣、放浪人材でもプレイできます。(人材プレイと呼ばれます。)
勢力プレイでは大軍を操作するのに対し人材プレイでは大軍の中の1部隊のみを操作することになりますから、
操作も簡単ですし、兵科のバランス(騎兵が多すぎ、銃兵が少なすぎ...など)も考える必要がありません。
また、ゲーム開始時に右上の「観戦する」をクリックするか、空いているスペースをダブルクリックして観戦モードにする事で、
CPUがプレイしているのを眺めるだけ、という事もできます。
ゲームの感覚をつかむために一度見るだけというのもオススメです。

機能ウィンドウで「他国の戦闘を選択」にしておくと、見たい戦闘だけを眺めることもできます。
感覚がつかめてきたら人材プレイをやってみて、その後に勢力でプレイしてみるのがいいでしょう。
状況に詰まったり、上手く行かない場合は、掲示板で質問をすれば優しい人が答えてくれますよ。

敵と戦闘したけど味方の被害が大きすぎる!

「召喚」は用いていますか?
召喚は、戦闘時に画面左下の白と青のオブジェをクリックしたあとメニュー右上の「召」をクリックすることで発動できます。
最前線で敵の攻撃を受ける前衛ユニットは敵の前衛、中衛、後衛全ての攻撃に晒されるため、どんなに強靭なユニットでもそう長く耐える事はできません。
基本的に一般ユニットは死んだら育て直しのこのゲームにおいて複数展開でき盾となり攻撃を受けてくれる召喚ユニットはとても重要な存在です。
召喚が可能なユニットとして一般的なのは魔導師クラスの召喚決闘者でしょうか。
本人の火力こそ低いものの大量に展開できる召喚獣により戦線の構築に一役買ってくれるはず。戦闘に慣れないうちは数部隊雇用してみると良いかもしれません。


「強化スキル」で味方の能力を強化しても良いでしょう。
強化スキルは強化される味方が強いほど効果が増すので、高レベル同士での戦闘には用意しておくと良いでしょう。
こちらは特別な操作は基本的に必要なく、自動的にスキルが発動します。

24部隊で敵の領地に攻め込んだら選択できない部隊がいるよ。

そんな時は全部隊選択ボタンを右クリックしてください。地図とHP一覧が表示されなくなり、どの部隊も選択できるようになります。

初心者向け兵種説明

きのたけではユニットは下記の5種に大別され、それぞれが明確な特徴を持っています。

   騎兵    歩兵     銃兵    砲兵   魔法兵
 ckihei11.pngpike01.pngoni1111.pngpy11.pngmagic11.png

騎兵の特徴

歩兵の特徴

銃兵の特徴

砲兵の特徴

魔法兵の特徴


召喚兵の使い方がわからない!

召喚兵の特徴


衛生兵について教えて

衛生兵の特徴


総括

どの兵科も一長一短、秀でている部分もあれば当然劣っている面もあるのです。
たとえば騎兵の突撃は確かに強力で、魅力的でしょう。しかし耐久力のない騎兵だけで部隊を組んでは銃兵や魔法兵のいいカモです。

強い部隊を作るためには兵種の混成が重要です。各兵種の特徴がぼんやりでもつかめたら、弱点を補うように部隊を配置してみましょう。
「自分の国は歩兵が強い。だから安心して砲兵を増やせる。」たとえばこんな考え方ができるようになればもう基本は大丈夫です。
逆に相手の隊列を見て、弱点を突けるような部隊編成ができるようになれば祝・初心者脱出でしょう。
そのころにはこのページにあるような大雑把な特徴だけでなく、各クラスの特徴もなんとなくわかってくるでしょう。
そうなればさらに複雑な作戦・部隊が練られるはずです。がんばってください!

  • 最終更新:2016-05-06 23:07:39

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード