大ウェルテル民国 攻略(S1)

勢力のデータはこちら

序盤


・方針
ロッテンガム侯領と似たようなプレイングになるが以下の点が異なる。
楽な点
グリ公国と宿敵関係にないため、リベルタリア以西に攻め込まなければ同盟が結べる。
ガリーナ宇宙大将軍を使える。
グリ公国との国境に兵を置く必要もなく、ガリーナのトラップ塹壕が対ドウリル民族戦線で非常に有用なこともあり、ロッテンガム侯領プレイ時より対ドウリルは楽に戦える。
苦しい点
・ロッテンガム人材吸収のために資金が必要。
SWEETS兵団カヌガウワー島政府までがより遠く、グリ公国による併合を防ぐには運が必要。
一つ目の点から国策は国立銀行を取りたい。
二つ目の点についてはグリ公国と同盟を結ぶならば、周辺人材だけでドウリルと互角に戦えるので気にする必要はない。

以上の点からロッテンガムを滅ぼし、周辺人材を吸収した後、グリ公国と同盟を結び、ドウリルとの戦いに集中することを勧める。
ドウリルと戦うのがどうしても苦手だという人は南部平原を放棄してグリ公国に攻め入っても良いが、その場合ロッテンガムプレイよりも少々辛い展開になるので、事前にロッテンガムをプレイして、人材の使い方に慣れておくのが良いかもしれない。

・国策
前述のように国立銀行、後は宇宙大将軍無双のために浸透戦術が鉄板。

・部隊編成
ロッテンガム侯領 攻略(S1)を参照のこと。ロッテンガム侯領吸収前はそれぞれ率いているクラスで構わないが、ガリーナのトラップ塹壕は前衛でこそ輝くので、資金が余り次第タルカン焔騎兵キャンディパイクを配下にしたい。吸収後はパクランキ召喚決闘者フィッツに移し、B・T・Dからパクランキ特高警察を雇うと強力。
銃筒火車は装填が無いといささか使いづらく、初めからいる銃筒火車人材は装填を付与できないため、アクオンや一部無名タルカン焔騎兵人材など装填付与人材に配下を移し、パイ投擲機を率いるとある程度活躍できる。
アクオンがマスターで無いため、様々な人材の配下に入れられる。
アクオンの必殺召喚は部隊長のLSが適用されるため、ガリーナ部隊ならトラップ塹壕を召喚+アクオン計17人×8コの136コも投げつけられる超凶悪テロリストお兄様になり、ショコフ部隊なら17人で狙撃するスナイパーお兄様になる。

一般部隊としてキャンディパイク召喚決闘者を雇っておく。必須ではないが隊附衛生部員パイ投擲機は雇ってもまず無駄にはならないため、資金不足にならない程度に雇ってよい。
OPでも説明される通り、砂漠に引き込んで消耗させ、兵力が回復しないうちに滅ぼすのが良い。敵は全体的に砂漠で足が遅くなり、射撃属性に弱い。つまりデュアールのカモである。
具体的にはロッテンガム侯領よりも先に動けるように調整し、2ターン目にピースアイランド、及びハニューダ砂漠西部を最低限確保。中立戦ではデュアールは一部隊で制圧できるため、デュアールにピースアイランドを取らせ、残りの戦力でハニューダ砂漠西部(可能ならロックゴーンも)確保。
デュアールをピースアイランド、その他の全軍をハニューダ砂漠西部に配置してターンを終わろう。ヤ・カーバ・パクハイトはカムダに攻めてこないので防衛部隊を置く必要もない。
そうするとロッテンガムは必ずピースアイランドに攻めてくるため、装填、銃、ラッパ以外を禁止したデュアール隊で殲滅しよう。コツはなるべく砂漠に引き込むことと、意外に痛い重騎兵の必殺銃を回避すること、またラッパでの強化をきちんと全員にかけること。ピースアイランドの中立戦で部下のレベルが30に届いているならば、敵戦力が10万を超えていても対処できる。
防衛に成功したならば、もはやロッテンガム侯領は風前の灯のはず、サクッと滅ぼしてしまおう。防衛兵器の機銃が非常に痛いのでなるべく射程外から対応しよう。

それ以降

基本的にロッテンガム侯領 攻略(S1)に同じ。
イベントで大金が入るのでピースアイランドとロックゴーンは確保しておこう。



  • dm9ターンでクリア 序盤は主にデュアールとパイ砲で版図を広げ、都市同盟とは同盟したほうがいい それと神奈川とグリの併合を防げると展開がらく --- (2015/07/25 00:53:16)

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。

投稿済みコメントに返信する場合はコメントを選んでから投稿してください。


画像認証

  • 最終更新:2015-06-29 10:35:42

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード