試作鉄竜騎兵

概要

bike01.png bike11.png bike21.png
軽騎兵:重騎兵・砲兵に対し有利 重歩兵・軽歩兵に対し不利
配置:前衛
移動型:山岳 維持費:35 ハゥンマー ノックバック:有効

解説

ハゥンマー民族代表院で開発された新種の機動部隊
試作品の内燃機関を利用した二輪車にまたがる特殊兵科で
特に悪路では従来の騎兵よりもずっと高い機動力を誇る
自動小銃を携行し、高速移動をしつつ射撃を浴びせるという
遊撃を旨とした運用法は、竜騎兵の構想に近い物ではあるが
破壊力はその比ではない

性能

・基本ステータス
Lv クラス名 雇用費 HP MP 攻撃 防御 魔力 魔抗 早さ 技術 HP回復 MP回復 移動 召喚数/LV
1 試作鉄竜騎兵 620 1550 100 150 60 65 50 80 95 15 0 270 1/30(%)
15 議会直属快速反応隊 4050 4288 184 402 116 163 106 80 235 29 0 270 1/30(%)
30 キャタピラーバイク親衛隊 12050 7168 274 672 176 268 166 80 385 44 0 270 1/30(%)

個人スキル発動時


・成長
HP MP 攻撃 防御 魔力 魔抗 技術 HP回復 MP回復 exp_mul
12 6 12 6 10 7 10 5 5 124→136(Lv30~)

・耐性
騎馬突撃に強い(+2) 砲撃に強い(+2)
射撃に弱い(-2) 対騎に弱い(-2)
炎に弱い(-2) 水に弱い(-2) 光に弱い(-2) 土に弱い(-2) 雷に激弱(-4)
幻覚に弱い(-2)


・使用スキル
スキル名 使用可能Lv 攻撃力 発動 射程 消費MP 属性 備考
蹂躙 1~14 攻撃×100%→攻撃×80%   接近時   騎馬突撃 (突撃攻撃)
「要助走」
「範囲攻撃小」
「吹き飛ばし中」
「加速150%」
「恐慌:50%」
蹂躙Ⅱ 15~29 攻撃×150%→攻撃×90%
蹂躙Ⅲ 30~ 攻撃×200%→攻撃×100%
KK47 1~ (攻撃+技術)×30% 500 100~500 80 射撃 「18連射」
「減衰開始200」
「近接使用不可」
「減速20%」
「麻痺・恐慌:20%」
騎乗装填 1~ 技術×400%   自分   リロード(MP回復) 再使用時間:3
「近接使用不可」
「連続使用不可」
「減速20%」

・個人スキル
スキル名 使用可能Lv 上昇値
軽騎兵 1~14 技術・移動力 +10 素早さ・魔力 +5
軽騎兵Ⅱ 15~29 技術・移動力 +20 素早さ・魔力 +10
軽騎兵Ⅲ 30~ 技術・移動力 +30 素早さ・魔力 +15

運用

・雇用可能勢力

分かたれた家(S1)

加速する時代(S2)


・所属する人材

・所属する無名人材

一覧


考察

ハゥンマー民族代表院で運用される軽騎兵。
一部を除いた砲兵真っ青な攻撃力を誇るがKK47は倍率がお察しな上に、突撃は他騎兵より倍率が低い為現状あまり活かされていない。

(以下追記)

「その辺の竜騎兵とは違うんですよ!竜騎兵とはッ!!」  
                ―――ハゥンマー民族代表院 独立遊撃隊隊長 キャラメル

以下に竜騎兵とは違うところを述べる。
まず、山岳移動なので竜騎兵よりも機動力を確保できる地形が圧倒的に多く、突撃するにも逃げるにも便利。
KK47は攻撃倍率が低く減衰が早いものの発射数が多く、麻痺付与が凶悪。
近接戦闘手段しか持たない重騎兵や近接重歩兵を強烈なノックバックで寄せ付けない。
ノックバックが効かない相手はつらいなんてこともなく、減衰なしの弾の雨を浴びせて蜂の巣にできる。
また、威力が低いとはいえ脆い後衛兵科を狩るには十分な威力があり
回りこんで後衛に突撃をかければ、麻痺や蹂躙と合わせて致命的な打撃を与えることが可能。
射程が長く射撃属性の攻撃を放つ戦列兵を相手にするのは流石に分が悪いが、側面からヒットアンドアウェイをかけて
麻痺を与えることで、味方本陣が戦線を押し上げる手助けをすることができる。
このようにどんな相手に対しても立ち回ることができ、弾の発射数も多いためレベルアップが早いのもかなりの強みと言える。


このように強みの多い強力な軽騎兵ではあるが、欠点もある。
まず元祖の竜騎兵と同じく、耐性がザル。
特に魔法耐性は絶望的であり、耐久力が高くないこともあって一瞬で溶けてしまうこともあるので敵編成に気を配ること。
射撃耐性が低いのも困りものだが、ハゥンマー民族代表院ならば固有国策である程度カバーできる上
隣国のルマンダや科学会は戦列兵が少なめなので何とかなるだろう。ドウリル戦やランシナでは無理しないように。
そして元祖の竜騎兵以上に雇用費や維持費が高価である。魔法使いや即死攻撃に注意して、大事に扱うこと。

以上の長所と短所を鑑みるに、1戦線につき1~3部隊を用意し、遊撃部隊として補助的に用いるのがよいだろう。
味方本陣と離れて布陣し、機動力を活かして敵側面、背面に回り込みヒットアンドアウェイで戦い
必要に応じて本陣と合流させの弾幕密度を高める・・・というのが使用例。

遊撃のコツは弾幕で押しつぶすイメージで接近すること。そしてすぐに離脱する。
下手に転進するよりもそのまま側面を走り抜けたほうが被害が小さいので、
少々面倒だが位置指定で発射方向を調整すると一層の活躍が見込める。

元ネタ

KK47:ソ連製のアサルトライフル、AK47。

コメント欄

  • 突撃で加速するため他の騎兵と違い一撃離脱が容易にできる、が耐久が紙なので離脱前に死亡すること多し --- (2014/07/05 23:11:59)
  • 想像以上に強い。麻痺付きマシンガンを高機動でつかえて操作するといい感じに相手の戦力を削ることができる --- (2014/09/30 22:35:38)
  • 弾幕による戦線維持に加え高機動による側面攻撃と、鉄床戦術がこの兵科一つでぐっとやりやすくなる。どんな勢力でもこいつが居れば何とかなるレベル --- (2014/10/13 16:14:13)
  • 顔なし心材のソウルブレイヴスって見たことないんだけどゲーム中に出てくるの? --- (2015/04/19 22:14:52)
    • ミスターキシドーと共に加入予定…って書いてあるね --- (2015/05/20 04:30:37)
      • 加入されたな、とんでもないグラと共にwww --- (2015/07/01 00:37:30)
  • 密集体系を作って固定運用するのがお勧め。敵の騎兵を足止めし、クラシエで狩っていく。反転攻勢時には自動でも十分。まず死なない。 --- (2015/06/25 18:33:29)
  • ランシナでレッドホットが伸びる度につえーって思う。レベル上がりやすいのと山岳移動が海でもそこそこ速いのが優秀なんだろうね --- (2015/08/15 08:27:30)

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。

投稿済みコメントに返信する場合はコメントを選んでから投稿してください。


画像認証

  • 最終更新:2015-10-18 04:09:48

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード